交通広告って何?

交通広告とは、日頃移動に使う交通機関に関連した場所、具体的には鉄道、飛行機、
バス・タクシー等の施設に展開される広告の総称
です。

話が堅くなりましたが、要約すると交通手段を使う際に見かける広告は全て交通広告ということになります。

 

掲出をご希望になる交通機関は、それぞれ代理店を指定しておりますので、ご希望の交通広告代理店にご依頼いただく必要がありますが、弊社では首都圏を中心とする鉄道広告全般をご案内しております。

 

交通広告の特徴

交通広告は、その交通機関を使う方(乗降者)をターゲットとしています。
一番イメージし易いのは、通勤や通学などに交通機関を使われる方でしょう。

もちろん、土日の繁華街に向かう移動者や、海外に向かう旅行者も対象となりますが、通勤・通学者は毎日、ほぼ同一時間の同一車両を利用するなど、行動パターンが決まっていることが多いです。

 

つまり、特定の交通機関を使う人の目的を推察することで、広告を出す際の表現やターゲットを絞ることが他のメディアに比較して容易に行うことができます。
これが、交通広告の最大の特徴です。

また移動者の行動パターンが比較的決まっていることで、同じ広告を何度も見せることができるため、リピート効果が高い事もポイントです。
コミュニケーション媒体として、注目されており、近年広告数を伸ばしています。

営業日のご案内

ページ上部へ戻る