デザインデータ作成について

 弊社にお送りいただくデザインデータにつきましては下記のソフトを使ってお作りいただくと、データのイメージと製作される広告にそれほど差異が生じませんので推奨しております。
(下記以外のソフトをお使いの場合は、対応の可否をポスター発注前にご確認ください。)

  アドビシステムズ株式会社
     Illustrator
     Photoshop
     Acrobat

※データを作成いただく場合、全フォントのアウトライン化を忘れずに行ってください。
※デザイン作成時にカラーモードをCMYKカラーに設定してください。

 

配置される画像ファイルについて

デザインを作られる際、写真やグラフィックを外部ファイルにてリンクさせることがありますが、実寸(表示を縮小せず100%)でみた場合、200dpi位のクオリティをもたれることをお勧めいたします。
それ以下の解像度の場合、製作したときに画像が荒くなる可能性がありますので、事前にご承知おきください。

 

RGB形式でデザインを作られる場合

Microsoft Word、EXCEL等、RGBカラーでデザインをされるソフトウェアをご利用になりました場合、出力された広告とデザインを作成された時点でのイメージの色合いが異なる場合があります。
これは、色の表示表現方法が異なるために起きますが、弊社ではCMYK方式で行っておりますのであらかじめご承知おきください。

 

データの圧縮について

アドビシステムズのソフトをお使いの場合、MS-WindowsとMachintoshのどちらかをお使いになると思われますが、どちらの場合もzipやLHA、Stuffitを使わず、データを圧縮しないで納品してください。
添付データが大きすぎる場合は、ファイル形式を変えて(BMPなどではなくEPSやJPEG、TIFFなど)いただければ、容量の問題はほぼ変わらないと思われます。

 

データの保管について

お送りいただきましたデザインデータは、特別な事情がある場合を除きご返却できません。
下記期間を過ぎた時点で責任を持って削除させていただいております。
同じデザインで再度製作をご依頼の場合、お手数ではありますが、再度完全データを納品ください。
  短期広告の場合・・・掲出期間が終了した時点
  長期広告の場合・・・広告意匠作製後1年を過ぎた時点

関連記事

営業日のご案内

ページ上部へ戻る